トップページへ戻る > 養成講座はどこで受ける?

養成講座はどこで受ける?

では、ホームヘルパーになるための養成研修は
一体どこで受けることができるのでしょうか?

まず、ホームヘルパーの養成研修を受けるための道のりは
大きく分けて2種類ありまして
どちらを選んでも、もちろん、
取れる資格は同じですから安心してくださいね。

【方法1】公的機関の研修を受ける
市報や折込チラシや、行政のホームページなどで
募集が行われるタイプで、
行政や公的機関が主催するホームヘルパーの要請講座です。
平日昼間に開催され、講座の期間中の欠席は許されません。
でも、最大の特徴はその受講料の安さ。
修了後もそのままヘルパーとして登録できることが魅力ですね。
ただし…そうです、人気があるので、倍率は高いです。

【方法2】民間業者の研修を受ける
専門学校や介護スクールが実施している養成講座で
ホームヘルパーの需要が高まるにつれ、増える一方です。
公的機関の要請講座とは違い、
費用は倍ぐらい(10万前後)かかりますが、
夜間のみ、土日のみなどコースも多種多様で、
学び方の選択肢に余裕があり、通いやすいことが特徴です。
都道府県の指定を受けているかも
キチンとチェックしてから受講しましょうね。

関連エントリー

ホームヘルパーとは?
貴重な男性ホームヘルパー
こんな人が向いている
生活援助とは?
身体介護とは?
出来ないことを助ける仕事
ホームヘルパーの心得
身体状況の変化に対応する
既往症への配慮も必要
生活を理解して支援をする
利用者と接する前に
利用者の生活は十人十色
ホームヘルパーになろう
わかりやすい説明の訓練
日常生活でできる練習
研修以外に身につけたいこと
研修を有意義にするために
ホームヘルパーの研修内容は?
養成講座はどこで受ける?
養成研修の概要
1〜3級の違い
ホームヘルパーの級
研修でヘルパーになれる
ホームヘルパーと雇用
勤務先を選ぶポイント
給料はどのくらい?
非常勤のデメリット
非常勤のメリット
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーとして働く
気付いたことを書き出そう
試用期間にできること
面接は自分の熱意を伝える
応募書類は具体的に
応募する時の注意点
ホームヘルパーの賢い仕事術
ストレス発散も重要
健康管理に気をつける
持ち物はコンパクトに
化粧は控えめ、清潔に
機能性の高い服装を
ヘルパーからのステップアップ
諦めそうになったら
まずは3年…その先は?
今できることは何か?
叶えたい!から仕事を広げる
目標を持って働こう
ケアマネージャーとは
併せて取りたい資格
受験の手続き
ケアマネージャーの受験資格
ケアマネージャーの仕事
ケアマネージャーとは?
ヘルパーからケアマネに
介護福祉士とは
受験の手続き
介護福祉士の受験資格
介護福祉士の仕事
介護福祉士とは?
ヘルパーと介護福祉士の違い
Copyright © 2009 ケアマネージャーネットワーク【 資格・求人情報など 】. All rights reserved