トップページへ戻る > ホームヘルパーの働き方

ホームヘルパーの働き方

仕事をする時には、色々な雇用形態がありますよね。

会社員に多い正社員、正職員はフルタイムと呼ばれ
会社の就業規則のとおり働きます。
逆にお手軽と言うと変ですけど、
アルバイトは、一定期間、一定時間のみの契約で
一時的な雇用で働くこともできますね。

ここで、ホームヘルパーとして働くときに、
どのような働き方があるのか知っておきましょう。
働き方によって、担える仕事内容も変わってきます。

【正社員、正職員】
フルタイムで働くタイプで、就業規則どおりの勤務です。
サービスの責任者、現場主任などの管理職への
ステップアップも可能です。

【パート、アルバイト】
契約した一定時間のみ仕事をします。
自己都合で融通も効きやすいですが、
管理職などの仕事まで任されることはほとんどないでしょう。

【登録ヘルパー】
訪問介護ヘルパー独特の雇用形態です。
事業所と契約をし、利用者のサービス提供時間のみ働きます。

その他には、契約社員や派遣社員などの雇用形態で
ヘルパーとして働くことも可能です。

またボランティアのニーズも高まっています。
賃金は発生しませんが、ヘルパーの力を求めるケースは多く
時々のニーズに応じて、貢献する機会も多々あるのです。

関連エントリー

ホームヘルパーとは?
貴重な男性ホームヘルパー
こんな人が向いている
生活援助とは?
身体介護とは?
出来ないことを助ける仕事
ホームヘルパーの心得
身体状況の変化に対応する
既往症への配慮も必要
生活を理解して支援をする
利用者と接する前に
利用者の生活は十人十色
ホームヘルパーになろう
わかりやすい説明の訓練
日常生活でできる練習
研修以外に身につけたいこと
研修を有意義にするために
ホームヘルパーの研修内容は?
養成講座はどこで受ける?
養成研修の概要
1〜3級の違い
ホームヘルパーの級
研修でヘルパーになれる
ホームヘルパーと雇用
勤務先を選ぶポイント
給料はどのくらい?
非常勤のデメリット
非常勤のメリット
ホームヘルパーの働き方
ホームヘルパーとして働く
気付いたことを書き出そう
試用期間にできること
面接は自分の熱意を伝える
応募書類は具体的に
応募する時の注意点
ホームヘルパーの賢い仕事術
ストレス発散も重要
健康管理に気をつける
持ち物はコンパクトに
化粧は控えめ、清潔に
機能性の高い服装を
ヘルパーからのステップアップ
諦めそうになったら
まずは3年…その先は?
今できることは何か?
叶えたい!から仕事を広げる
目標を持って働こう
ケアマネージャーとは
併せて取りたい資格
受験の手続き
ケアマネージャーの受験資格
ケアマネージャーの仕事
ケアマネージャーとは?
ヘルパーからケアマネに
介護福祉士とは
受験の手続き
介護福祉士の受験資格
介護福祉士の仕事
介護福祉士とは?
ヘルパーと介護福祉士の違い
Copyright © 2009 ケアマネージャーネットワーク【 資格・求人情報など 】. All rights reserved